同人ゲームが面白すぎて困る  18未満閲覧禁止

アルケミストクエスト 錬金術の材料はやっぱり精液な冒険RPG 感想|失業回避のためにあらゆる手を使って才を示す錬金RPG

同人RPG

今日はこれやろっかな、アトリエ系エロRPG

アルケミストクエスト 錬金術の材料はやっぱり精液な冒険RPG

錬金術の材料は精液、これ業界の常識

本家アトリエでの「材料はせいえ…」発言から公式化した感があるね

あれが公式なのは変な感じだけど

本場の錬金術師はもっとエグイ事してそうだしいいよね

中世はヤバいでしょ

このゲームはスローライフゲームなのかな?

やらなくていいって書いてあるけど……

やらなくていいと言われるとやりたくなるのがゲーマーのSaga

まあ自由度が高そうで面白そうだね

ってことで始めます

ざっくり評価とあらすじ

シナリオA エロS ゲーム性S

サークル「シロクロソフト」の作品

まずはあらすじ

錬金術師のアリスは師匠のリズの下から独り立ちし、
堅実にやってきたが、ある年の更新試験に落ちて錬金術師協会を首にされてしまう。

絶望するアリスだが、救済措置として、
協会の出すクエストをこなし実績を積めば復帰は可能だという。

クエストはどれも難しいものばかりだが、
優等生のアリスはそのプライドに賭けて、協会復帰を目指すのだった。

こんな話

自由に選べる5つの課題

最初に5つの課題クエストが出され、
どれか一つでも達成すればクリアとなり回想解放が可能な自由なゲームです。

とは言え同時に全部受けてもいいし、なんなら全部エンディングが違うし、回想解放も対象外なので、
コンプ目指すなら結局全部受けることになります。

クエストによりゲーム性がそれぞれ変わるのが面白いところで、
どのように進めても問題ないですが、ゲームとして楽しみたいならエロルートは最後にするといいです。

せっかくなので個別に解説していきます。

モンスター等の討伐

ダンジョンエリアに行き、戦闘をしながらダンジョンを進み、
武器を作ってボスを6体倒すルートです。

唯一ストーリーっぽいものがあるのもこのルート。

傭兵という立場で過去作ヒロインたち(エロ無し)が出てくるので、
雇ってダンジョンに潜りましょう。

戦闘自体はデフォ、シンボルエンカウントで結構敵強く歯ごたえがありますが、
イージーモードで敵を一撃で倒す技が貰えるので、イージーならサックサク。

一番お手軽に終わらせることが出来ます。

エロは敗北エロが用意されていて、
ボスに負けると絶望の凌辱シーンの後バッドエンド。

エンディング11種類の内6つは敗北バッドエンドです。

バリエーションが豊富でなかなか面白いエンドが多かったです。

幻の作物の種の錬成

自宅の小さい畑で作物を育て、
野菜調達などのクエストをこなし、
幻の種の情報を得て錬成するルートです。

種や土を買うため初期費用がかかったり、
育成にちょっとだけ時間がかかるため、
他と同時進行が良さげ。

難易度は低いですが、お金と時間がかかるルート、
といっても大したことないですが。

ちなみに討伐ルート以外は戦闘もエロも一切なく
のんびりと進める事できます。

古代魚の捕獲

幻の魚シーラカンスを求めて、
釣りプロに弟子入りし、釣りクエストをこなしていくルート。

目的のエリアで目的の魚を規定数得るまでひたすらボタン連打するゲームです。

よくあるタイミング良くボタンを押せ、
みたいなタイプではないのが非常にありがたい。

これも簡単だけど運が悪いと中々レアな魚が出てこないので、
他のクエストの息抜きにやるくらいでいいかも。

新しい建材の開発

今の技術では不可能な4階建ての建物を作るのが目的。

素材を集めて、自宅をカスタマイズして4階建てにしようというルート。

採取がメインの一番錬金術師らしいルートです。

とにかく沢山の素材がいるので、素材フィールドでひたすら採取し、
ついでにフィールドのどこかに埋まっている設計図を見つけなければいけない。

戦闘はないけど探索に採取とけっこうRPGっぽいルートです。

サブクエスト

メインクエスト以外にも住民の悩みを解決するサブクエストもあります。

レシピが貰えてりしてなかなかやりがいありますが、
中にはメインクエストより難しいのもあったり。

しかしメインクエストをクリアすると、
関連する採取量が2倍になるアイテムが貰えるので、
やり込む前に一度クリアすると効率が良くなります。

賢者の石の製造

さて、人によってはメインとなるのがこのルート。

一言で言うとエロルート

アリスの師匠リズは男の精液を錬金術に使えないか研究するエロい人だった。

その研究の成果「賢者の液」はあらゆる素材の代わりとなるとんでもない代物(ほぼ精液)。

普通に錬金すると大量の素材が必要なものも、これを使えば一発OKということで、
精液を集めればあの賢者の石も出来るだろう、集められれば、、、というルートです。

このゲームのエロは敗北エロ以外すべてこのルートに集約されていて、
他を配した分ただひたすらエロシーンを見て、アリスの堕ちていく様子を楽しむルートになっています。

淫乱度的な理性値というものがあり、エロいことをすると下がっていき、
下限近くでは真面目なアリスの理性も吹っ飛び、とんでもないプレイを喜んでこなせるようになるのは非常にエロい。

ほぼ対人で、異種は敗北エロのみ。

段階エロとありますが、同じキャラと何度もするものではなく、
段階的にエロさが上がっていく、みたいな感じで、
同じCGを使った差分的な段階もなく新規CG、
相手もほとんどバラバラといった、
他でいう段階エロとは違うものです。

落ち切った後、つまりクリア後では全裸徘徊が出来るようになり、
しかもただの徘徊ではなく、新規に短いエロシーンが50個も追加されるというこだわりっぶり(CGは差分だけど)。

今まで健全ルートで健全に接していたNPCたちとエロしちゃうのとか非常に良く、めちゃくちゃエロかったです。

ただエロテキストは正直弱いというか、もうちょっと嬌声以外も喋って?と言いたくなるくらいあんあん言うだけのシーンが多かった。

実況しろとは言わないがエロゲなんだからもっとこう……ね、と。

とは言え休む間もない怒涛のエロ展開、ひたすら3時間ほどエロに浸かることが出来、シチュエーションも良いので満足度は高め。

でも自分はエロを後回しにして他のルートを終えたあとだったので、
フィニッシュルートな感じで楽しめましたが、
先にエロルートをやってしまうと、
残りがノンエロなのでモチベが保つかはわかりません。

それに堕ちるとNPCの会話が変わってしまったり、
精液錬金が強力すぎて、錬金ゲーのバランスがぶっ壊れるので、
エロルートは最後にプレイすることをおススメします。

スクショの髪型がコロコロ変わってますが、このゲームではアイテムを作れば髪色を変えることが出来ます、陰毛も変わります。

なかなか陰毛にこだわりのある作品ですが、毛無しにも出来ます。

これだという髪色が決まらず色々試してみましたが、アリスという名前とその帽子が某キャラっぽいと
自分は緑髪に落ち着きました。

過去作

プリンセスクエスト 羞恥と屈辱の姫君

過去作どれも良いエロRPG。

エロRPGに求められてるものをスッと提供される感じで、
あーこれこれ、と感じてしまうような安定感がある。

アルケミストクエスト 錬金術の材料はやっぱり精液な冒険RPG

そんなわけで紹介してきました「アルケミストクエスト 錬金術の材料はやっぱり精液な冒険RPG

アルケミストクエスト 錬金術の材料はやっぱり精液な冒険RPG

面白かったわー

なんだかんだ全ルートクリアして

どれもストレスなく楽しめたよ

戦闘はイージー使ったけど

畑とか釣りとか、ゲームによってはストレス凄いからね

このゲームはすっごい遊びやすかった

ちなみにクリア時間はエロルートに3時間、それ以外が5時間ほど

5時間エロなかったけど普通に楽しんでたよ

エロがまとめてくるってのも面白かったね

他の用事を全て終わらせてたから一転集中な感じで没頭できた

シチュも良かったし、絵も悪くなかったよ

ただテキストはもうちょっと工夫して欲しかったけど

エロい文章ってどこで勉強するんだろうね……

まあ、総じて良いエロRPGだったよ

というわけで今回はこの辺で

ではまたノシ

ノシ

ごちそうさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました