セール情報: DLsiteで「スペシャルウィーク」開催中!   期間:6月26日まで

エリナと機魔の都|感想レビュー|パイルバンカー使いの工業系ヒロインが冒険するスチームパンクエロRPG

同人RPG

ほほぅ……

今日はこれにしよう

エリナと機魔の都

王道エロRPGでお馴染みのところだね

技術者系ヒロインのスチームパンクものかな?

絵やUIがすごく良いね

特にエロステ

エロステ見るとだいたいそのゲームの良し悪しがわかるけど

これはかなり良いエロステだ

エロステはお店のトイレかなにかなの?

操作可能になったら真っ先に確認するのがエロステというもの

ここに力入れてるところはエロのなんたるかを分かってるサークルだよ

そうすか……

まあ今作でRPG6作目だし

普通に期待通りの作品には仕上がってると思われる

というわけで始めます

ざっくり評価とあらすじ

シナリオB エロSS ゲーム性S

サークル「く~るシスター」の作品

まずは公式あらすじ

エリナは好奇心旺盛でロマンを追い求める冒険家、兼技師。
彼女は冒険家のイーラに憧れ、その彼が築いたとされる“イーラ・シーラ”を訪れる。
そして、ちょっとした不運と出会いが彼女の好奇心に火をつけることになるのだが……

果たしてその先に待つものはロマンか、それとも――

DLsite
エリナと機魔の都

とある町で技師兼冒険家として働いていたエリナ

資金も貯まり次なる目的地は機魔の都イーラ・シーラ

技師であり偉大な冒険家イーラが作った街であり、エリナはイーラに憧れていた。

そこでエリナは思う存分冒険家として活躍しようと思っていた。

しかし旅立ちの直前、彼女は財布を落とし、一文無しに。

結局イーラ・シーラでも技師として採掘ギルドで働くのだった。

エリナと機魔の都

同僚のセクハラに耐え、新人技師として働くからわら、
スクラップを拾い機械を作る日々。

そんなある日エリナはスクラップ置き場で謎の魔物と遭遇する。

直前に目撃した何かを捨てる怪しい男たち。

事件の匂い。

好奇心旺盛なエリナは自ら事件に首を突っ込むのだった。

こんな話

機構都市で謎の事件を追え

そんなわけで仕事をしながら
そこかしこで遭遇する怪しい動きを調査し、
最終的には大冒険となるRPGです。

舞台は元炭鉱都市のイーラ・シーラ。

イーラの炉と呼ばれる魔石で動く蒸気機関のような機械がいたる所にあり、
常に蒸気が噴き出るスチームパンクな世界となっています。

謎を追って協力者を得たり、宝の地図を見つけ冒険らしくなったり楽しい思いをする反面。

通行証と引き換えにエロいバイトしたり、
エロいクラブに侵入したりします。

パイルバンカーでぶん殴れ

エリナと機魔の都

戦闘は中々凝ってる。

開始時100のスタミナを消費し、やり繰りしながら技を出すタイプ。

武器のパイルバンカーは使うたびヒート値が上がり、
50を超すと会心率が下がったり、
タイムライン制や仲間の援護があったりと楽しい。

ただ凝ってはいるものの、あまり戦闘自体は少なく
難易度もかなりヌルめ。

スタミナは戦闘毎に全快し、
開始から全力で技をたたき込めるため
雑魚戦はサクサク。

自動回復装備が序盤から充実しているのでまず死ぬことはありません。

エリナと機魔の都

技師として愛用のパイルバンカーを強化していくのが
シナリオと絡めて合ってなかなか楽しい。

数は少ないもののクラフト要素もあり。

必用アイテムがドロップ品ではなく、
ほぼ店売りなのもまたイージー(ただしお金は多く必要)。

ただお金がないからと固定敵が落とす高額なアイテムを売ると
最強装備が作れなくなるので注意。

非買設定にしてほしい。

うーん……

クエストを受けたりNPCからの頼まれごとをしながら進んでいくシナリオですが、
クエストゲーと言うほどでもなく、
大部分が頼まれごと。

しかしこのゲーム、
昨今のRPGにしては珍しく、次何処へ行ったらいいのかとても分かり難いです。

クエストの場合は次の目的地がいつでも確認できますが、
頼まれごとの場合一度会話を見逃すとどうしようもなく、
必至に記憶を辿りながらウロチョロする必要があります
(一応占い師がいるけどすごくフワッとしてる)。

よくある「○○へ行こう、○○は宿屋から西だね」とか「○○に会いに行こう、○○はバーに居るはず」と言ったヒントがなく、

「○○へ行こう」「○○へ会いに行こう」
で済まされるため、いや……どこ⁉
地名や人名言われても覚えてないよ!
となること多数。

エリナと機魔の都

もう一つの欠点としてはシナリオがどうにも弱い

いや、エピソードに区切ると面白いし、文章もちゃんとしてると思うのですが、
話の繋がりや構成がイマイチで、

なんでこうすることになったとか、
あれはなんだったのか、
と言った説明があまりなく、

なんだかよく分からないまま流されて、
よく分からないまま事件解決してたと言うか。

主人公の動機も弱く、
なんでエリナがこの事件調べてるんだ?と終始?マークが浮かんでました。

RPGって、お約束でも借金背負ったり淫紋刻まれたり
友人が攫われたり大事なもの盗まれたりとか
そういうのが大切なんだなぁとしみじみ思いました。

狙われる工業系女子

そんな不満点もありましたがエロはめちゃくちゃ良いです。

男所帯に紅一点のエリナ。

同じところに住み、常に薄着で闊歩するので
そりゃもう同僚に狙われます。

常にセクハラを受け風呂を覗かれ、
今更胸や尻を触られたところで過剰反応しません。

もう!と可愛く怒るくらいです。

そんなサバサバ女子エリナ。

最初こそ処女ですが割と貞操観念は緩く
流されて色々しちゃいます。

わかりやすく「いい女」なエリナはすぐ受け入れてくれるので、
イヤイヤなレイプとかはほとんど無し。

どことなくハリウッド感のあるサバサバエロです。

戦闘拘束エロもあり、
専用のシステムまであるものの少数。

敗北エロもなく、基本対人メイン。

危険日とかありますが、エンディングにちょっと影響があるくらいで、
本編中に妊娠したりはしません。

シチュエーションに富んでて、
混浴やAV、同僚とお泊りして流れで、とか様々。

妙におねショタシチュが多く、ショタキャラが3人も。

衣装の数も多く一部衣装差分あり。

後半には母乳も出るようになり、専用差分があったりとなかなかの母乳ゲーでもあります。

淫乱度による段階もあったりとかなり充実しています。

エリナと機魔の都

ただ回収は大変

一度しか見れないシーンに淫乱度分岐があるので、
淫乱度上げて後で回収といったことが出来ず、
ヤキモキすることが多数。

周の内どちらか一方しか見れない分岐もあったりと、
今時のRPGには珍しい仕様です。

強くてニューゲームもあるので周回は楽とは言え、
この辺はかなり面倒に感じました。

ちょっと変わった後日談システムだったり独特な回想部屋が少し使いにくいですが、
シーン数はかなり多めの105シ―ン

とは言えほぼおまけみたいなフリーHも含めてですが、
それでも大量の処女差分や母乳差分があったりとボリュームは多い。

流されやすいヒロインがなんだかんだと男たちといい関係になるのが好きならおすすめできます。

過去作

夜陰のあやめ

とても良い和風エロRPG。

あんまり覚えてないけど
bestフォルダに入ってたから多分間違いない。

エリナと機魔の都

そんなわけで紹介してきました「エリナと機魔の都

エリナと機魔の都

うん

まあ不満はあったけど良いRPG

エロはかなり良かったな

それとシステムやグラフィックも

スチームパンク感出てて

クリア後要素も色々あって

楽しかったね

クリア時間は8時間くらいかな

ただシナリオがなぁ

なんか頭に入ってこなかったな

オチも弱かったし

あ、これで終わりか、と

文章が下手なわけじゃないんだけどね

なんだろ

説明不足かな?

そのかわり後日談は良かったけどね

エロはめちゃくちゃいい

エロけりゃシナリオいらないって人は満足できるよ

ただシナリオ読まないと

次どこ行っていいか分からないけれど

昨今の親切設計RPGに慣れきってしまったね……

久々に迷子気分を味わったよ

大人しか買えないゲームだけど

プレイヤーは赤ちゃんだと思って作ってください

お願いします

というわけで今回はこの辺で

ではまたノシ

ノシ

ごちそうさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました