セール情報: DLsiteで「スペシャルウィーク」開催中!   期間:6月26日まで

ウィルトワール 電脳少女は浸食される|感想レビュー|VRMMOに閉じ込められた世界で無感情なセキュリティソフトとしてウィルス駆除するドエロRPG

同人RPG

サキミノルの新作キター!

いつもとちょっと感じが違ったから

見逃すとこだった

ウィルトワール 電脳少女は浸食される

今までは髪が赤系統で

世界観がつながったファンタジーだったけど

今回はまさかのSFで新シリーズだね

ここはめちゃくちゃエロいんだよね

話は結構真面目だし設定もしっかりした

オリジナルファンタジーなのに

主人公がとにかく快楽に弱くて

その即落ちっぷりが楽しいところだよ

キリッとしたサムネに対して

毎回ギャップがすごいよね

そんなところが好きなサークルだけど

新シリーズはどうなんだろう

舞台はVRMMOに閉じ込められる系で

ヒロインは感情も感覚もないソフトウェア

見たところ今回は防御力高そうだけど?

1時間くらいは耐えれるかもしれない

すぐウィルスまみれになるんだろうなぁ……

ざっくり評価とあらすじ

シナリオSS エロSSS ゲーム性SS

サークル「サキミノル」の作品

まずは公式あらすじ

仮想現実のオンラインゲーム・ウィルトワールド。
そのゲームが1周年を迎える前日、悪意のあるハッキングを受けることとなる。
ハッキングにより仮想現実へのログイン及びログアウトが不可能となってしまう。その上、多くの危険なプログラムが撒き散らされる。

仮想現実の開発会社であるウィルトワールはこの事態をセキュリティソフト・トワに解決するよう命じた。
セキュリティソフト・トワは人工知能を宿した、進化するセキュリティソフト。

しかし人工知能であること、セキュリティソフトとしての機能をメインとしているために感情を模倣すらしないトワ。
そんなトワと行動を共にするのは、たまたま仮想現実にいてしまったウィルトワールの新入社員ミュース。
今回の事件を起こしたハッカーの数人は仮想現実内にいるため、2人は彼らの捕縛をすることとなる。

DLsite
ウィルトワール

仮想現実を実現した未来のゲーム「ウィルトワールド」。

遊ぶためには高価で巨大な機材が必要だったが、
開発会社のウィルトワールが一人一台配るという大盤振る舞いをし、
爆発的に広まり、人々に親しまれていた。

もうすぐ1周年という記念すべき日。

しかし何者かの手によりログアウトが不可能になり、
プレイヤーはゲームに閉じ込められたまま現実では昏睡状態になってしまった。

そんな事態に対処すべく、
ウィルトワールはたまたまログインしていた新入社員ミュース
事件の解決を託すことにした。

相棒となるのはウィルトワールが開発したAI、
セキュリティソフト・トワ

元々は会話型Aiだったトワと共に
ミュースは事件の犯人であるクラッカーを捕まえるべく
行動を開始する。

しかし開始早々トワは敵のウィルスに感染。

強制的に人の形にされてしまう(しかもノーパン)。

敵の狙いはなんなのか、
こんなウィルスを用意する意味は?

ミュースとトワの
ウィルトワールドを巡る戦いが始まる。

こんな話

感情のないAIに感情が宿るタイプのSF

そんなわけでセキュリティソフトのトワとして、
このVRMMORPGの世界を旅(スキャン)します。

おっぱい大きいマスターのミュースは、
拠点に残ってサポートの他書類仕事。

基本は一人旅。

マルウェアに汚染されたダンジョンなどを攻略(駆除)していきます。

クラッカーの手により何やらおかしなことが起こり始めたウィルトワール。

急にちんこが生えたり(現実基準)
今まで出来なかったエロいことが出来るようになったり、
モンスターがレイプしてきたり。

いったい何が起こってると言うのか(迫真)。

トワは元々ウィルトワールの会話AI。

知ってる人も多く、
プレイヤーに大人気。

しかし現在のトワはセキュリティソフトとして
多くのリソースを駆除に特化しているため無感情。

話しかけられてもセクハラされても
如何にもロボットと言った対応しか取れません。

しかし敵に敗北したり戦闘中に犯されたりすると、
謎の感情ウィルスが注入され、
途端に感情豊かに。

誰⁉と言ったレベルで激変します。

その代わり大切な防衛機能は失われていくことに。

ストーリーの流れは最後以外大体一緒ですが、
感情の有無でトワの反応が大きく変わります。

ラスダン突入前で分岐するので、
直前まで無感情で進めると回収が楽なものの(エロイベも全部見れる)、
せっかくなら2周して楽しみたいところ。

一度感染すると戻せないので、
感情ありプレイする時は慎重に。

ちなみに無感情だとハッピーエンド、
感情ありだとノーマルエンド。

そしてエロイベの比率は1:9で
感情あり=エロルートです。

ウィルトワール

ストーリーは結構奥深く、
ありがちなVRMMO囚われものかと思いきや、
それだけではない衝撃的な展開もあって面白い。

世界の真実とか良い感じにSFしており、
普段中世ファンタジーばかりしてる脳に
新鮮な刺激を与えてくれます。

自分だけのビルドで強敵を倒そう

戦闘はステラというビット的なものを使い4人パーティー。

ディフェンス、ヒーラー、オールラウンドと役割が分かれていたり、
素早さによって順に行動したりと戦略的。

非常に膨大なスキルツリーがあり、
それで好きなように育てることが可能です。

殴りヒーラーだったり防御特化だったり。

レベルカンストしても半分も埋まらないので、
中々考える必要があり育成が楽しく良く出来ています。

エロ拘束もあってこれがなかなか良い戦闘エロ

文章多め挿入多めで非常にエロい。

感情の有無で反応が変わるのでなるべく2パターン見たいものの、
数が多く結構大変。

それに敵によってはこの拘束エロで感情植え付けてくるので、
無感情クリアを目指してると失敗する可能性もあるので注意。

ちなみに敗北エロは特定のボスにちょっとあるくらいです。

そもそも戦闘ではトワは不死身なので、
敗北はかなり特殊なシチュとなっています。

本来は雑魚に負けようがないくらいチートパッシブが揃ってるトワですが、
感情を得て、負け続けると変なウィルスに犯され、
どんどん弱体化していきます。

つまりバステ系戦闘エロ

ただシステム的にそれほど弱体化したといった感覚はなく、
わりと初回ぶっぱで雑魚戦は終わるので
バステ系特有のめんどくささとかは無いです。

ウィルトワール

宝箱やドロップにコレクションアイテムというものがあり、
これの収集がやり込み要素の一つ。

でもどの敵がドロップしたとか分かりずらいので
正直集められる気がしない。

ウィルトワール

このゲーム、
難易度通常では雑魚敵のHPが常に1で、
ウィルス対セキュリティソフトの圧倒的優位さが再現されており
超絶ヌルゲー。

高難易度ダンジョンだろうとサクサク進める上にレベルも上がりやすいので、
ボスも楽勝で超簡単です。

さすがにヌルすぎるだろうと、
ヌルゲーマーである自分でも難易度ハードにあたるじっくりモードに変更するヌルさでした。

それでもヌルいならその更に上の刻の呪いモードにしましょう。

ただこちらは作者がやめとけと注意喚起するほどのマゾ仕様のため、
為す術もなくエロ拘束されたい人以外はやめときましょう。

さてここまではただの超ヌルRPGですが、
真骨頂なのが各ダンジョンに一体いる特殊ボス

一時的に刻の呪いモードになる超難易度戦闘で、
スキルツリーによるビルドやロールをフルに活用して
理不尽な強さに立ち向かう非常にやり甲斐のあるコンテンツです。

倒すと特殊スキルとコレクションアイテムが手に入るので是非倒したい所ですが、
最後がかなり無理ゲー。

レベルカンストで育成が頭打ちになるうえ、
装備も大したものがないので、
スキルツリーによるビルドを何度もリセットしては組み直し、
挑んでは負け挑んでは負け。

うん、これはかなり楽しい。

ヌルゲーマーからマゾゲーマーまで、
幅広く楽しめるゲームでした。

セキュリティソフト・トワの重大なセキュリティーホール

↑ウィンドウにおっぱい乗るの面白い。

というわけでエロ。

まああれです。

いつものやつです。

つまり即落ちでチョロっとメロメロにされてしまう激エロ段階エロです。

無感情状態ではどんなエロもノーダメ

どんなテクニシャンでもそもそも実装されてない快感に対しては無力。

いつもだったら10回はイキ倒してる攻めにたいして平然としてるのは、
このサークルのゲームにしては異常です。

ウィルトワール

ところが感情を植え付けてられてからはどうでしょう。

初対面の男に簡単に陥落、
あっさりと10回以上イキ倒します

実家のような安心感。

やっぱりサキミノルと言えばこれだよこれ。

飛び出す名言の数々。

マスターレベルの淫語使い。

いい意味で頭の悪いテキストに脳が蕩けます。

このAIどこでこんな言葉覚えてきたんだ……

トワが弱体化すると、
マスターのミュースが手助けしようと
ミュースパートに移り、
売春したりするようになります。

爆乳をとことん活かしたシチュ多めでこちらもドエロイ。

ウィルトワール

回想枠は45程と一見少な目ですが、
最大7段階もある段階エロが詰まってるので、
実際のイベント数は110以上

それ以外にも11種類の敵による戦闘エロ(長い)や、
軽いセクハラなどもあってかなりの数。

終わったイベントはショートバージョンで何度も見れたりと嬉しい仕様。

エロRPGってやっぱりこれだよと言った、
非常に理想的なゲームとなってます。

クリア時間は初回8時間

引継ぎ2週して14時間ほどでした。

高難易度コンテンツを無視して
初回からエロプレイしたら多分6時間くらい。

めちゃくちゃエロいながらも話も面白く、
戦闘が楽しいとても良いゲームでした。

過去作

フィラーナと命の薬

(チョロすぎて)衝撃的なデビューを飾った処女作。

こんな大人しそうなお姉さんが乱れまくってめちゃくちゃエロい。

リリィと刻の呪い

上のヒロインの彼女(⁉)が主人公。

エロさのみならずストーリーや戦闘もマシマシになったとても良いゲーム。

非常におすすめだがせっかくなら先に前作からやろう。

なんか裏設定が沢山ありそうだったけど、
今後も続くのかしら。

ウィルトワール 電脳少女は浸食される

そんなわけで紹介してきました「ウィルトワール 電脳少女は浸食される

ウィルトワール 電脳少女は浸食される

さっすがサキミノル!

この期待を裏切らないエロ

いやーすっごく良かったよ

脳が溶けるテキストに磨きがかかってたね

AIなのにこんなにバカでいいんだろうか……

ストーリ―も驚きがあって良かったし

戦闘も面白かったな

最初は敵のHPが1で

バグかと思ったけど

雑魚戦はともかく

特殊ボス戦闘は熱かったよ

久々に試行錯誤して何度も挑んだね

最後のボスには結局勝てなかったけど

最大HP以上の全体攻撃飛んできて

どうすりゃいいのよって絶望したね

多分パターン読んで防御するのかなぁと思うけど

そこまではやりたくない

ヌルゲーマーは攻略にメモや記憶力が必要になると

途端にやる気をなくすぞ

まあとにかくエロくて楽しかった

最初はいつもと作風が違うから戸惑ったけど

ふたを開けたらいつも以上に良い作品だったね

まだ3作目だけどね

次はリリィ世界の続きを作るのか

また新シリーズなのか

楽しみだよ

というわけで今回はこの辺で

ではまたノシ

ノシ

ごちそうさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました